CHAZEN三昧

アシュタンガヨガと禅のある毎日

差別と偏見について考えたら思い出したこと

見た目問題に関する写真展を見に行った。

差別と偏見について考えた。
偏見とはなんであろうかと考えた。

浮かんできたのは、脳性まひだった父の弟のこと。
生まれつき体が不自由で、後半生は寝たきりとなり、祖父母と前後して他界した叔父は、おじさんというよりはイトコのような存在で、親戚中がそう呼んでいたようにミツオちゃんと呼んでいた。若い時はよくウチに滞在しており、一人っ子の私は、家に友達がいるようでうれしくて、さまざまな子どもの遊びに付き合わせたものだ。

ミツオちゃんは運動機能には障害があってもそのころはまだ自分で歩けたし、明確な言語をしゃべれなくてもコミュニケーションはとれて、喜怒哀楽も豊かだった。思考には問題がないので五目並べをよくやった記憶がある。それにも飽きてくると、言葉の代わりにサインを考え出してゲームや遊びのルールをつくっては無理やり遊び相手になってもらったのだった。

その時の自分は純粋無垢そのものだった。
うまく歩けない、アーとかウーという言葉しか出ないミツオちゃんをただそのままの存在として受け止め、無邪気に遊んでいた。それはたぶん、ミツオちゃんが父の親兄弟みんなから愛されていたからだと思うのだけれど、奇異な目で見ることもなければ、接し方に戸惑うこともなかった。何もかもをただそのまま受け止めていた。

あるとき、2年くらい上の男子がミツオちゃんを見て「なんだあいつ、バカじゃねえの」と言った。

ひどく腹が立ったし、ショックだったので今でもその光景が忘れられない。
そういう体験を経て、あるいは必然的に仕入れるさまざまな情報から、私の中でもミツオちゃんに対する特別な目ができていったのだろうか。そのへんのことは覚えていない。

思春期に入った私は、今まで気にもしなかったことに嫌悪を感じるようになった。単にオッサン=汚いという思春期特有の感情で父の使ったタオルでは顔を拭きたくなかった。そのナゾの嫌悪感は、垂れてくるよだれを拭き拭きスプーンでごはんを口に入れるミツオちゃんにも発生した。同時にそう思う自分をよくないと否定する気持ちもあり、たいへん複雑な思いだったように思う。

その後ほどなくしてミツオちゃんは寝たきりになり、私も高校大学と親元を離れ、父の実家にもほとんど行くことがなかった。晩年は枕元でほんのご挨拶をしたくらいだった。こういう私の変化をミツオちゃんがどう感じていたのか想像すると、今でも心が痛む。

人は思春期を境に分別がつき、悩み多き自己に変わっていくのだろう。
オトナは思い込み、刷り込み、先入観、インド哲学で言うところのサンスカーラ(潜在印象)のかたまりだ。それはほとんどが無意識レベルに染み付いているものだし、それを是正しようと意識レベルで思えば思うほど浮き上がってくるものでもある。理性でコントロールしようとするのが分別なのだから、理性でなんとかしようと思っても限界がある。

分別を取り除くことはできないし、分別がまったくなかったら社会人として支障をきたす。それがオトナになるということ。無邪気にすべてをそのまま受け入れていた、あの純真だった昔に戻ることはできない。


ところが、だ。
昔の私に戻ることはできなくても、純粋無垢になる方法はある。

それがヨガ。それが坐禅

ヨガや坐禅は、分別を介さずにものごとをそのままとらえるためのプラクティスなの。
内山老師が「生命の実物」と言われたような、ただのいのちになるプラクティス。

人はオトナになる過程で社会生活に必要な分別を身に着けると同時に、いらない観念をもまとってしまう。コドモでさえも、学校や家庭でたくさんの刷り込みを受けながら育つ。それらを少しずつ捨てていくための練習をしているのがこの修行だと私は思っている。

このプラクティスはなにか別の優れた人になるためのものではなく、自分が本来持っていた、今でもちゃんとそこにあるはずの「ただのいのちとしての私」を取り戻すことなのだと思う。

だけど、いったん分別を身に纏ってしまった私たちにはそれが難しいので、体操風味でわかりやすくしたり、理論でもって理性にも働きかけながら、あれやこれやの手段を駆使してなんとかそこを目指しているというわけ。


冒頭の見た目問題に戻ると、当事者たちはあえて自らの姿を人目にさらすことによって楽になっているのだろうと想像される。隠したり、逃げたり、封じ込めてしまうことよりも、それをなんでもないこととして受け止めることのほうがずっと楽だとわかったから。本人が問題だと思わなければそれは問題にはならない。そんなことを思った。

こういう機会があることで、当事者も周囲もより自然に受け止められるようになっていくのだろうね。
もっと早くお知らせすればよかったけれど、この写真展は明日までやっています。

写真展「無自覚なボクが、いま言いたいこと。 I know that I know nothing.」 – LE DECO(ルデコ)ギャラリー・ルデコ


f:id:chazenyoga:20200125190717j:plain
分別がないことにかけては首位を独占する部長