CHAZEN三昧

アシュタンガヨガと禅のある毎日

13日目:バカだからバカなのだ

ごきげんよう
お読みいただき感謝します。臨時休校12日目の、失意のずんどこ日記です。


あれは大学生のとき。
一人暮らしの部屋に中学生くらいの知らない男の子から電話がかかってきました。寂しいから話してもいいかと言うので、いいよと相手をしました。当時、家庭教師をしていたこともあり、その目線で親身になって話を聞き、助言をしていたのですが、そのうち急にハアハア言い出したのでびっくりして切りました。

でもしつこくかけてくるので、どうしようとオロオロしていたちょうどそこへ友人男子が遊びに来た。「何してんだ、ごらぁ〜!」と一喝してもらい(今なら自分で言ってるけど)助かったのですが、子どもといえど見知らぬ人には注意しないといけないと学んだわけです。

そのころは世間知らずでしたから、宗教勧誘に来た人とまじめくさって聖書について話しこんだりしてました。「聖書学」とか「キリスト教概論」とかの講義で得たテキトーな知識を総動員してね。そのときの会話を今再現テープで流されたら、抱腹絶倒まちがいなし。

バイト先で知り合って、わたしのことを「おねえさん」と慕ってくれた元暴走族で保護観察中の子にお金を貸して、やっぱり返してもらえなくて、親に怒られたり。いわく、親の脛をかじっている身分で金を貸すな。貸すのなら返ってくることを期待するなと。

田舎育ちのせいか、ヘンタイ電話も宗教勧誘も知らなかったし、困っている人の力になることがいいことだと思っていました。

フツーにバカでしたわー。

でも、今思えば純粋でしたわー。

そうやって痛い思いをして分別がつき、人は世の中を渡る術を身につけていくのですが、ヨガ目線で言えば、そうやって背中を丸くして防御の体勢をとり、こころを閉ざしていくようになっていくのです。そうなる前だったら私も胸ぱっかーんと開いて、バックベンドで苦労することはなかったかもしれません(あくまで推測)。

みんな大人になる過程で、見えない鎧をまとい、傷つかないように痛い目に遭わないように、面倒なことには関わらないようになっていくのですね。今では勧誘やセールスと分かった時点で「結構です」と言って電話やインターフォンを冷酷に切る大人になっちまった私です。哀しいけれど、それが生きるための知恵なのでしょう。

とはいえ、たまにはうかつに何かを信じてしくじっています。

今度もうっかり......。
いたたまれない気持ちにはなりましたが、邪な思いから信じたのでない限り、その失敗も、滑稽さもすがすがしく受け止めることができます。

利口になろうとしなくていいのです。
そのままの私が精一杯修行をするだけです。

chazen.hatenablog.com

f:id:chazenyoga:20210507121726j:plain
自撮りにしないとうまく顔が撮れなくなった

11日目:オンライン二本立て

ごきげんよう
ヒトの早起きが定着するとイヌも早起きになる不都合な真実、臨時休校11日目のそれがどうした日記です。

9時からチャンティングマラソン
なかなか盛り上がってきました。サンスクリットだと思うと難しく感じられるけど、子どもだったらきっとすぐ口真似で覚えてしまいます。聞いたままを繰り返すだけなので、知性は必要ないはずなのに、大人は頭で記憶しようとしたり文字を読もうとするので、余計な情報を付け足してしまうんですよね。

次回がラストです。ぜひお見逃しなく。


そして、11時から星覚さんの坐禅会。
こちらはもうオンラインでも離れている感じがしない坐禅会になってきましたね。今日は特に終わりの時間に合わせて進行したので、テンポよく、バランスもよく、ムダのない時間配分だったように思います。的外れの質問やコメントで間延びしたり、ムダな時間があってもいいと思っていますが、スムーズに進行してみなさんが満足して終わるのは気持ちよいものです。

オンライン嫌いのオンライン礼賛ですが、もちろん同じ空間でできたほうがいいに決まっています。ただ、オンラインを毛嫌いするのはもったいないことだと思いますし、柔軟に対応することも必要かなと感じています。マイソールまではやりませんが......。

今日は立夏
マイソールクラスを再開する前に、シェードを出しておかねば。

f:id:chazenyoga:20210505185145j:plain
雨上がりの晴天

10日目:発作のその後

ごきげんよう
気づけば炭水化物とりすぎてコロナ太りしそうな、臨時休校10日目の懺悔日記です。

オンラインのチャンティングクラスも後半に入って、集中トレーニング風味が増してきた。サンスクリットの音をとるのはやはり難しいようなので、短く区切っての練習を多くしたら、なかなかハード。でも、キツいほうがなんか楽しそうに見える。乗り越えるよろこびが増す。終わったあと少しだけおしゃべりするのだけれど、それも含めてサットヴァな時間である。

実はそのあと散歩に出たら心ない言葉を浴びせられる出来事があり、ここがラジャタマなシャバ世界であることを思い出したのだった。CHAZENにいるとそれを忘れているからなーたすちゃー。


さて、シューの発作その後について書いておくと、2月2日のあと2か月以上発作なしだったがために、薬(西洋)をわざと「飲み忘れ」て、薬飲まなくても大丈夫じゃん! という風に持ち込もうと企んだら、4月6日に発作が出てしまった。急に寒くなった日で、寝る前に突然私の脚がつり、どうしたんだろうと思っていたらそのあとシューもけいれん発作。その日は歯医者で帰りが遅くなり、温灸のホームケアをしなかった。

その後薬をちゃんと飲ませてたけれど、今月の1日、突然雨が降り出し嵐のような天気になった日にやっぱり発作が出た。気温や気圧の急な低下というのは、この神経系の発作に多大な影響を与えるらしいことがよくわかる。

ちょうどその数日前から少し様子がおかしいと気づいていたのだけれど、その日はうっかり温灸を忘れた日でもあった。西洋医学の薬、漢方薬、温灸ケアのどれかが欠けてもダメらしい。

ふだん、つい何かに没頭してシューのことを忘れてしまうのだけれど、その間シューは不安になっているみたいだ。抱っこしたり、そばにいて背中を撫でていれば安心してすぐに寝るのだから。視覚や聴覚が衰えているので、私の存在を確かに感じられるのが触覚であるらしい。

のんびりとソファに座ってテレビでも見ているのなら、シューも安心してそばで寝ているんだろうけど、やること山積みだ。パソコンに向かいながら足で背中を触っていても(ひどい!)つい足がおろそかになる。

飼い主としてちゃんと犬を大切にしているかというと、かなりアヤシイ。あまりにお世話がテキトーすぎる。それよりも、そもそも人としてちゃんとしていないんじゃないか?という考えにとりつかれているこのごろ。やたら、過去の失敗や後悔めいた思いがわきおこってくる。

明日はチャンティングと坐禅会のあと、シューちゃんとだらだら過ごしてみようかな。

f:id:chazenyoga:20210504184221j:plain
赤ちゃんみたいでかわいいおじいたん

インド思想の読書案内 <プレ入門編>

ずいぶん前に、仏教について学ぼうと思い買ったのが『ダライ・ラマの仏教入門』という本でした。仏教のなんたるかがまったくわかっていなかったころです。ダライ・ラマというだけで選んだのですが、入門なんてとんでもない。初学者にはいきなり十二支縁起などと言われてもさっぱりで、仏教が本一冊読んだだけでわかるようなものではないということだけが理解できました。入門書がやさしいとは限らないのです。

仏教の前に存在していたインドの思想から、現代の仏教やヒンドゥー教、あるいはヨーガに至るまでには、さまざまなものが分かれ、広がり、また重なり合い、複雑に発展(あるいは衰退)していった背景がなんとなくわかると、イメージしやすいのではないかと思います。

そこで、最初は気軽に読める「プレ・インド思想入門」を、本編はまた改めてアップしたいと思います。

まずは昨日予告したアレから。

佐治晴夫「からだは星からできている」春秋社

宇宙についての研究をしている著者が、宇宙科学を宗教、哲学にからめて、存在の根源から存在の意味、存在としてのありよう(生き方)について語っているものです。

インド思想が生まれたのは、この宇宙がどのようにできたのか、私とは何か、という疑問があったからだと思いますが、それが哲学のはじまりにつながります。

現代科学のさまざまなデータの裏付けから、宇宙のはじまりは何かのきっかけによって均一な状態から電波のゆらぎが発生したことで生まれたと推測されるそうです。それを読んで、サーンキヤ学派の考える、3つのグナの平衡状態が崩れたことによって現象界が流出したという説をが思い出されました。現在では科学の力で解明されつつある宇宙誕生のナゾを、古代インドの人はかなり解明していたのかもしれません。

パソコンやスマホがあたりまえになった現代の私たちからすると、電気も通っていなかった古代人の知恵に感心することしきりなのですが、宇宙的な時間の観念から見れば、紀元前のヴェーダの時代の人たちと今の私たちは「同時代」の人たちなのです。コロナ収束まで数年かかると言われてがっかりしているその数年など、宇宙時間で考えれば一瞬(またたき)にもならないほどの、とてつもなく短い時間なんですね。

しかし、そんな小さな星のひとかけらにすぎない<私>は、この宇宙の一部であると同時に宇宙そのものであるわけです。といったら、アヤシイ響きが立ち上ってくるかもしれませんが、科学的に見てもそのようなのです。

小さな星のひとかけらである私たちが、ほんの瞬く間の一生をどう生きていくべきなのか。
あたたかいまなざしでそれを示してくれる良書です。



そのほか読み物としては、過去に紹介した以下の本がおすすめです。

文学として、小説として楽しめる、ヘッセの「シッダールタ」

chayoga.exblog.jp


漫画なら挑戦できそうな人には手塚治虫の「ブッダ

chayoga.exblog.jp


禅とはなにかを自らの体験から語る、星覚さんの「坐ればわかる」

chayoga.exblog.jp


f:id:chazenyoga:20210503133115j:plain
おすましシューちゃん推薦の書

8日目:出会ってしまった

ごきげんよう
思わせぶりなタイトルだけど中身は大したことない、臨時休校8日目のなんちゃって日記です。

まだ緊急事態になる前、量子力学について何か読んでみようと思い、図書館で検索して借りてきたのが、佐治晴夫著「14歳のための宇宙授業〜相対論と量子論のはなし」春秋社刊。そう「14歳のための」というところに強く引かれてね。

思えば中学2年くらいまでは数学も理科もまだいい成績だったような気がするが、高校までには大の理数ギライになっていた。14歳のあのころまで遡れば、なんとか理解できるのではという甘い期待を抱いて選んだ本。

ところが、とんでもない。
物理は大人になっても不可解なものでしかなかった。やっぱりわからんもんはわからん。

それでも日ごろ言っているとおり、「わからなくてもいいから、できなくてもいいから続けてみな」ということで、数式が出てくるたびに脳のフリーズ&リブートを繰り返しながらなんとか読了。

もしこの本が数式と論理だけだったら、きっと途中でパタンと閉じてしまっただろうが、あまりにも魅力的な言葉がそこかしこに散りばめられていたので完走せずにはいられなかったのだ。

読み始めてまもなく、リグヴェーダからの引用があり、そのうち「梵我一如」が出てきたときには、誰だこの人?って思わずプロフィールを読んだ。

迂闊だった。まったく佐治晴夫という人の存在を知らなかった。学者であり、教育者であるようだけど、詩的な文章も含まれているし、グランドピアノやパイプオルガンを弾いている写真もある。科学以外のあれこれがワタシの路線上に一致している。

理数ギライのせいで、見逃してきてしまったのだ。
あわてて、著書を検索すると、ダライ・ラマと対談やら、金子みすゞの詩をテーマにした本やら、そっちからいくらでもアプローチできたはずの本がヒットした。

インド思想の読書案内をと思いつつ、二冊目の本「からだは星からできている」を読み耽っていたら、こっちはもっとすごかった。ヴェーダの神話からはじまる古代インドの思想に触れ、宇宙の始まりに触れ、お釈迦様に触れ、宮沢賢治あり、星の王子さまあり、新見南吉あり、バッハあり......。

ここには、私がインド思想を知るべきだと思う理由がちゃんと書いてある。科学の視点から書かれているけれど、こちらは数式などがなく、文章もやわらかくて読みやすい。

これぞ究極のインド思想入門書なり。

今朝読み終えたばかりなのだけど、ちょうどその後チャンティングの始まるタイミングで「般若心経」についての箇所を読み、お経は黙読するのではなく唱えるものという言葉があったりして、ドンピシャ感もハンパない。

今日中に別記事にしてアップしたいところだけど、まもなく電池が切れそうなので(寝不足)明日にはきっと。

f:id:chazenyoga:20210502182112j:plain
あたりの白いちごを見つけた気分だ

7日目:リトル・フォレストという映画

ごきげんよう
瞬く間に1週間がすぎようとしている臨時休校7日目のたわごと日記です。

4月の初めに毎日新聞で”「傷だらけの天使」がいた時代”という記事を読んだら、モーレツに当時のショーケンが観たくなった。調べたらAmazonプライム・ビデオで配信していたので、絶対入るまいと思っていたプライム会員になってまで観たのだった。いろんな意味でおもしろかったけど、キョーレツ過ぎて翌日以降に残る。ラジャスが増大する。明らかに修行の妨げなので、もっと観たかったけどやめた。

で、次は観終わっても穏やかでいられる「リトル・フォレスト」という映画にした。
橋本愛演じる主人公が、岩手の農村で米を作り畑を耕しながら暮らすさまを、四季を通じて描いている作品で、その土地の風習や人々に対する敬愛が感じられて好感がもてた。シングルマザーの母が突然出ていったあとの古民家に一人暮らししている設定なので、農作業も薪の調達もほとんど単独でやっている。しかも、車もなくて買い出しは自転車で30分......。

ってそんな若い女子いないでしょーよ。
昨年、車なしでお山にこもっていたときのことをちょっと思い出したけど、米と野菜を自給できれば車なくてもなんとかなるかー。

夏から始まって、その田んぼのシーンのあれこれがかなりリアルに感じられたね。田んぼ作業したことないときだったら、こんなふうに楽しめなかっただろう。稲刈りの前の水抜きは大事だよねとか、東北では刈った稲を縦に積んで干すのかとか、興味深いったら。

f:id:chazenyoga:20210501200747j:plain
みんなで並んで田植えしたのは2年前の今時分


薪はチェーンソーで玉切りするところからやっていた。
橋本愛って知らなかったけど、農作業も薪割りもチェーンソーもいつもやっている人のフォームになってる。板についている。ただのきれいな女優さんではできないと思うけど、天然なのか、努力の賜物なのか。

昨年分校に来た人たちにもれなく薪割りを体験してもらったけど、みんな笑っちゃうくらい都会のお嬢様だったことを思うと、すごい肉体派(意味違うけど)。

見どころは料理。
山菜やら栗、きのこなど、山で採れたものを使ったごちそうや郷土料理、薪ストーブで焼くパン、干し柿など、お金をかけずに手間ひまをかけたさまざまなおいしいものが登場する。

あと、ホンモノの地元の人たちも出演しているのだろうけど、フィクションとノンフィクションが絡み合ってて、ノンフィクション的なところが味わい深い。いいひとたちだな、いいところだなと思わせる描き方だ。東北移住もよさそうだなと一瞬考えたもの。

私の農作業体験も、薪割り生活もそれぞれ2年で終了することになり、結局は元の東京生活に戻ってきた。それが私の宿命なのか。またまた次の(予期せぬ)展開が待ち受けているのか......。

確実なものなどなにもない時代。

ショーケンの時代は不良がカッコよかったんだよねー。
なんていう話を居酒屋でツバ飛ばしながらしゃべり倒せる日はいつになるのだろう。

f:id:chazenyoga:20210501200912j:plain
やったー田植えだ〜(2019年)

6日目:同情に違和感

ごきげんよう
もう眠いのに、なぜかサボれなくなっている、臨時休校6日目の「毎日やるのが」つぶやき日記です。


ロバを引いて歩いているので、道ゆく人から好奇の目で見られる。

「何歳ですか?」

「がんばれ、かんばれ!」

というのはわかるけど、「たいへんねえ〜」とか「どうしたの?」って言われたりもする(知らない人だよ)。決まって年配の人だ。

「たいへんねえ〜」の意味がよくわからないが、高齢者を介護するのがたいへんってことなのかな? だけど、街で高齢者を連れて歩いている人に「たいへんねえ〜」なんて声をかけないと思うんだけどな。

そこへいくとちっちゃい子はいい。

「ワンワン!」

それだけだ(それだけをエンドレスで繰り返すので親は困った顔をしているけれど)。子どもはただそれがワンワンという物体であることだけを認識してそう叫ぶ。


もうちょっと大きくなって小学生くらいになってもシンプルだ。

「かわいい! さわってもいいですか?」

どんな犬だからかわいいとかいうのではなく、ただ犬がかわいいという感じで声をかけてくる。そこに、歩き方がヘンだとか、年取ってるという眼差しはない。


大人になると、「歳をとった犬=かわいそう」という図式しか思い浮かばなくなるのかな。

車椅子とか、ハンディキャップのある人に対しても気の毒としか思わないのかな。

もっとなんでもない目で見てほしいな。
なんでもない目で見ているのに、お手伝いが必要なときはさっと駆け寄って手を貸すってこと、西洋人は得意なんだけどな。そのあたりはキリスト教文化にかなわないよねー。


ここ数日、シューが起きている時間が多いので、自分のための散歩に行くときもシューをカートに乗せて連れていく。S川急便の台車並みのスピードで(ほぼ小走り)歩いていると、誰からも同情されず、むしろ嫌われているかもしれない。

f:id:chazenyoga:20210430202806j:plain
バトラーの給仕するティールームも休業かな


同情するなら嫌ってくれ。