CHAZEN三昧

アシュタンガヨガと禅のある毎日

目指せBeTuber

本日はベルリンの星覚さんによるオンライン坐禅会でした。
ステイホームだった5月にできたらよかったのですが、そのときは私の準備が整っておらず見送りに。

「オンラインで坐禅ってどうよ?」
はじめは私もそう思ったように、参加をためらう人もいましたが、オンラインのよさは遠くにいる人とつながれることにあります。特に海外にいる人と一緒に坐禅できるのはオンラインならでは。一度はベルリンにいる星覚さんとオンライン坐禅会をやってみようと思ったのでした。

「オンライン坐禅会なかなかいいかも」
そう思ったのは私だけではないはずです。特にやり方次第でオンラインもいい感じになることがわかりました。

星覚さんの提案で、カメラとマイクをオフにして星覚さんの声(ガイド)だけで坐禅をしたのですが、それがひじょうに効果的でした。目を瞑って音だけに意識を向けることで、言葉のひとつひとつが響いてくるのです。星覚さんが今目の前にいて坐禅のガイドをしたのであれば、参加者はまず目で星覚さんの姿を見ながら身体を動かします。そのとき、視覚による情報に圧倒されて聴覚はおろそかになり、言葉にはさほど意識を向けていません。

オンラインでモニターを見ないということは、指導する人はもちろん、他の参加者の動きも見えないため、自然と耳からの情報に集中します。視覚がさえぎられと身体の感覚をキャッチしやすく、おのずと雑念も少なくなります。オンラインということで短めの坐禅にしていただきましたが、もっと坐っていたかったという感想が上がったのは、静かな状態で坐れたからでしょう。

坐禅の後はカメラとマイクをオンにして茶話会。
たくさんのいいお話が聞けましたが、本日のハイライトは「只管」。只管打坐(しかんたざ)というのは、ただひたすら坐禅をするという道元禅のエッセンスのことです。これはアシュタンガでいうところのPractice! Practice! Practice!にも通じるものがあります。禅もアシュタンガも実践第一なところが似ていると私は思っています。

只管というのは「ただひたすら」という意味ですが、これ実は文字通り「只の管」ということでもあるのです。

苦悩は頭から生まれます。人間は頭でいろいろなことをでっちあげては、そのでっち上げに縛られているのですが、生まれたばかりのころはそうではなかったはずです。赤ちゃんの生活はとてもシンプルで、おっぱいを飲んでオムツを汚す毎日であることを思えば、私たちがそもそも只の管だということは想像できるでしょう。

タダのクダとしての存在に戻ること、それが坐禅です。星覚さんはそれをYouTubeになぞらえて "BeTube"と言っておられました。

時代の波はBeTubeです。
YouTubeの流行りはいつまで続くかわかりませんが、BeTubeなら一生続けられます。目指せBeTuber!です。


あ、こんなことをグダグダ書いている私こそ、タダのクダになるべきですね。

師匠がお手本です。

f:id:chazenyoga:20200712192033j:plain
年齢とともにBeTuber風味が増す

雑用こそがプラクティス

ここ数日気分はローである。
長く続く雨と暗さ、各地での大雨による被害、コロナ的世相と再びの感染拡大......という外の要因に加えて、毎年恒例「夏の病」で脳に酸素が行き渡っていない、生きている感じがしないからでもある。

こういうときに、この肉体がただの物質であるばかりでなく、心もまたその一部であることを感じる。神経伝達物質のしわざだな、と。

肉体がだるかったり気分が落ちてたりしていても、物質が勝手に出ている結果だから本体とは関係ない。ちゃみこさんのせいではないのだから、放っておけばいいのだ。そう思っていつもどおりの生活をしていると、気づいたらハナウタ歌っていたりする。

あれ?ローのはずでは? と不思議に思ったけれど、掃除や洗濯、片づけなどカラダを動かして仕事をしていると自然にセロトニンが分泌されるのかもね。

それはそうと、CHAZENでは最近アフター・プラクティスのシーケンスができている。フィニッシングも最後のリラクセーションも終えたあとに行うソレは、一般的にはぞうきんがけと言われているものである。

練習が終わったらマットを拭くとともに、感染防止策のひとつとして、自分が練習した場所をアルカリイオン水で拭いてもらうことにしている。これは最初「ざっとでいいよ」とか、最後組の人には「私がやるからいいよ」とか言っていたのだけれど、途中から、これはなかなかいい練習だからむしろ積極的にやったほうがいいと気づいた。

ひとつには道場の作法というか礼というか、自分の練習した場所を浄めてから練習を終えることには精神的な浄化の作用があること。

マイソール練習に通っていたころ、練習を終えたら道場というかスタジオ内に向かって一礼してから更衣室に行くようにしていた。誰かがやっているのを見て真似したのだけど、ただ頭を下げるだけで気持ちが締まる。これは多分に日本人的な感覚かもしれないけれど、ただそれだけのことで気持ちが変わる。それがぞうきんがけなら禅風味もたっぷりで、CHAZENらしさもたっぷりではないか。

もうひとつは、永平寺式の、膝をつかないでぞうきんがけを行うスタイルは、グラウンディングに必要な足腰の使い方のヒントになるような気がしたこと。

アシュタンガをやっている人の傾向として、しなやかで軽やかな身体や四肢をもっているけれど、アシ・コシ・ハラが使えない人が多い気がする(ヴァータ的)。逆に言うと、強い下半身をもつタイプの人はアシュタンガのポーズがとりにくいのかもしれない。

みんなテレビゲームとお勉強ばかりして育ったのかー? と与作は思う。田んぼをやってみて特にそう感じた。

大地に足を根ざすとか踏ん張るというのは、ひどく昔の身体感になってしまっているのだろう。かつて農村の女性は小柄な身体で米俵(60kg)をかついでいたそうだ。仕事をする上で自然に養われる身体感が、パソコンの前で座りっきりの現代人には失われているのは当然と言えば当然である。

今月下旬からの分校アーシュラムでは、そのあたりの身体感も存分に味わっていただこうと考えている。予定ではこの週末は分校にいるはずであったが、大雨続きで中止したので、きっと雑草が好き放題に根を下ろしていることだろう。ワークショップをやらずとも、庭作務をしながらパーシャーサナの強化とか、ヒップオープニングとか、日常における身体感覚にフォーカスしてみようと思う。

現代的、西洋的感覚から言うと「雑用」と考えられることをプラクティスに取り入れることが大事。

否、雑用こそがプラクティスなり。

f:id:chazenyoga:20200710174528j:plain
ゲストが来たときは顔を出してくれるといいな......

ハイブリッド問題

コロナ禍でレジャーなど控える傾向が続いているせいか、6月はお得にレンタカーが借りられました。しかも、いつものコンパクトカーより料金設定がお高いハイブリッドカーだったのでさらにお得感満載。それにハイブリッドだとお山を往復してもガソリン代が千円代だから、地球にもお財布にもやさしい。何より、最近いい車に乗っていない私には乗り心地がとても快適に感じられたのでした。

そんないいとこ取りのハイブリッドなのですが、CHAZENのギータークラスでは、オンオフどちらの受講生にも何かしらの不便さを強いることになるようです。ギータークラスは輪読があるため、音声のコンディションが整わないとスムーズにいかないのです。性能の良いマイクを購入して環境を整えればいいのでしょうが、それほどのオンラインニーズがないので、次回以降ギータークラスに関してはオンライン受講を設定しないことにしました。

19日のスートラクラスに関しても、できるだけCHAZENで受講していただいたほうがよさそうです。机を使わなければスペース的には密にならない余裕があります。準備の都合上ご予約をお願いいたします。

きのうは8人分の席を作るのにあーでもないこーでもないと何度も机の場所を変え、向きを変えてみましたが、結局はいつもの配置に......。

f:id:chazenyoga:20200706163822j:plain
互い違いに向き合うように


やはりレッドでも座学でもオンラインならオンラインだけのほうがいいですね。
今後もし再びステイホームになるようなことがあれば速やかにオンラインクラスを考えますが、そうでない限りいつものスタイルに戻していきたいと思います。

それはそうと、ぜひとも推奨したいのはヨガや坐禅の習慣(毎日やるのがアシュタンガ)と座学のハイブリッドです(それはハイブリッドと言わないか)。プラクティスが99%であっても1%のセオリーが大事なのは、それが地図のようなものだからです。地図がなくても道に迷わず目的地にたどり着けることもありますが、多くの人は歩いているうちにどこに向かっているのかわからなくなったり、間違えた方向に進んだりするものです。

どちらかだけでももちろん一定の効果はあると思うのですが、両方そろったほうがパワーが何倍にもなります。このコロナクライシスをきっかけにハイブリッドのパワーでマインドセットを転換する人が続出することを願っている私です。

その意味において新しくCHAZENで練習する人に来ていただきたいのですが、しばらくはそのスペースが確保できそうにありません。もどかしい思いがありますが、きっとまたその日は来るでしょうから、今は今できることを精一杯やっておくことにします。

先日広いスペースがあれば......という妄想のことを書きましたが、きのう別件で古い写真を見ていたら、公民館でマイソールクラスをやっていた時代(ちょうど10年前!)の写真を見つけました。いつもは狭い和室なのに祭日だけこの広い部屋が空いていたのです。このくらいのスペースで全員が集まるレッドクラスとかやってみたいなんて思いながら眺めておりました。

f:id:chazenyoga:20200706180511j:plain
広すぎて間が抜けてる.......

5カ月ぶりのレッドクラス

スートラクラスが3カ月ぶりとかまだマシでした。終わってから前回のレッドクラスが2月だったことに気づいてびっくり。そういえば、3月は密を避けるためにレッドクラスをやらなかった......ということすらすっかり忘れるほど前の話です。

今月の定員7人でのレッドは、ガルバピンダも余裕で回れるわ、ウパヴィシュタコーナーサナも思いっきり開脚できるわ。全員が入ってこれくらいゆとりがあったらいいのになあ。家賃50万くらいで実現するかなあ。......あ、妄想です。

入れなかった方はオンラインで。
というのが今回のコンセプトだったので、久しぶりということよりもオンラインの準備で頭の中がいっぱいでした。

実験ということで、私が動いてもカウントが聞こえるよう離れたところにMaciPadを配置してみました。練習生が映るようiPadを垂直に立たせる必要があったので、きりたんにお手伝いを頼んだら二つ返事で引き受けてくれました。

f:id:chazenyoga:20200704183020j:plain
だいじょうぶ、あたしがちゃんとおさえててあげる


さすが、きりたん。それにひきかえ部長は......。

f:id:chazenyoga:20200704181431j:plain
ボケっと突っ立っている


あ、失礼。部長はカメラテストのお手伝いをしてくれましたね。

f:id:chazenyoga:20200704183603j:plain
ワシだって役にたっておる


そんなこんなでスタートしたレッドクラスですが、なんとオンラインで受講したのはリクエストした本人ひとりだけ。
CHAZENはメジャーどころではないので、オンラインのニーズがないようです。

実験してみてわかったのは、モニターがあると練習生も私も気が散るということ。そして、私はプラーナ的な観点からも若干抵抗があります。やるならオンラインだけ、ですね。

ということで、CHAZENで受講できる限りはハイブリッドのオンラインレッドはやらないことにします。もし再び休業するようなことになったら、オンラインオンリーのレッドをやるかもしれませんが、できればそんな日がこないことを願っています。

でも、オンラインにもいいところはあります。
他愛のないおしゃべりのようなのはまたやりたいですね。分校に行っているひと月の間にオンライン茶飲み会を企画しましょう。

ヨガマット洗いにマジックソープ

今月から平日のドアオープンを5時半にしてみております。
今朝は7分の4人が6時前にスタートしたので「おお、アシュタンガヨガ ロンドンみたいだ」と、ひとりニヤニヤしておりました。

本日は梅雨の晴れ間につき、大洗濯大会です。
感染防止的にも、カビ防止的にも、掃除をしっかりすること、風通しをよくして「よどみ」を作らないようにすること、トイレや玄関のマットもいつもより頻繁に洗うようにしています。

そして、ヨガマットも。
先週、自分の練習マットがビミョーにニオっていたので実験してみましたが、力を入れてしっかり拭かないと汚れがとれません。ヨガマットにはグリップをよくするために凹凸がついているので撫でるように軽く拭いただけだと溝の部分にバイキンくんが残ってしまうのだと思います。

いや、それよりも洗うべし!
ということで、数日前の晴れた日に洗ってニオイはなくなったのですが、なんとなく仕上がりにすっきりした感じが足りない。ふだん洗剤というものをほとんど使わない私ですが、ヨガマットには洗剤力が必要です。それですぐに「マジックソープ」を注文して、本日もう一度洗い直したのでした。

そうしたら、さっぱりとすがすがしいマットになりました。ついでに最近使う人のいないレンタルマット2本も洗って気分もすっきり。これは山の分校に持っていきましょう。

偏見かもわかりませんがマットを洗うなら私のイチオシはマジックソープです。
その昔、ファーストブラックマットを極端にクサくしてしまったことがありました。水分が残ったまま丸めてしまったのだと思いますが、雑菌がめっちゃ繁殖してしまったのでしょうね。何度洗っても、何を試してもニオイがとれなかったのですが、たまたまお風呂場に置いてあったマジックソープで洗ってみたところ、おどろくほどにきれいになって問題が解決されたのです。

マジックソープは基本的にはボディソープなのですが、アメリカ人向けのせいか私にはちょっと洗浄力が強すぎるような気がしてあまり使っていなかったのです。それで使い切ってからは、マット洗いのためだけに買うのもなんだかで新たには買いませんでした。

でも、今回試してみてやっぱりマジックソープ!と実感しました。マットの汚れは汗や皮脂などカラダの汚れですから、ボディソープがちょうどいいのかもしれません。かといってケミカルな香料たっぷりのものは、いくら洗浄力が強くても使いたくないです。

その点、マジックソープは洗浄力が強くても成分はオーガニックな自然由来のものですから、ヒトにも地球環境にやさしい。エッセンシャルオイルの香りにも癒されます。そしてマット洗い専用ではなく、ボディソープ以外にも活用できそうです。洗濯洗剤を使わなくなった私としては、ちょっとガンコな汚れの洗濯にも使ってみようと思います。

なんて言ったら、使ってみたい人もいるだろうと多めに購入して希望者にお分けするつもりでしたが、今日の結果を見て全員にプレゼントすることにしました。(と親切そうに見せかけて、実は「おまえらマット洗ってこいよ」という裏メッセージだったりします)

f:id:chazenyoga:20200702190824j:plain
クサイおじいちゃんの洗濯にもよさそう


ちなみに、ゆる練中の私はラグを使っていません。フルサイズのラグを使っていれば、比較的清潔が保てます。ただし、大汗の季節はラグのありなしにかかわらずご用心くださいませ。

またニオわなくても、マットを洗うとグリップも向上し、気分的にもすがすがしい練習ができます。ぜひ定期的にお手入れしてくださいね。

7月のCHAZEN

自粛休業後に再開してからひと月。
CHAZEN生の底力のようなものをさまざまなシーンで感じては驚かされることしきりです。雨降って地固まると言いますが、踏んでも蹴ってもびくともしないようなプラクティスへの向き合いかたが見られるのです。ふつうだったら雨に流されそうなものですがね。CHAZEN8年目にして最強のチームが出来上がったような手応えがあります。

いつかの円陣を組んでいたオシダもぐんぐん伸びて巨大になっていました。

f:id:chazenyoga:20200629180413j:plain
びっくりサイズ


7月の本校マイソールは定員をひとり増やして20日までクラスを行います。その後私はひと月分校へ出張しますが、その間自粛期間中にすっかりオトナになった練習生たちがCHAZENで練習を続けます。そうして8月20日からはもう少し通常のマイソールクラスに近い形で「新しい生活様式でのスタンダードなマイソール」を始めるべく準備しております。

7月はギーターや禅のクラスも再開します。

7月5日(日)のムーンデイはギータークラス

www.chazenyoga.com


7月12日(日)星覚さん@ベルリンによる「オンライン坐禅会」
7月14日(火)特別バージョンの茶禅会(オフラインのみ)

www.chazenyoga.com


7月22日〜8月18日 山の分校アシュラム

www.chazenyoga.com


分校の庭では、本校のベランダで毎年わずかばかりの実をつけていたブルーベリーがびっしりと実をつけていました。やはり鉢植えだったときとは違いますね。次回熟しているかな。

f:id:chazenyoga:20200629182451j:plain
周囲には赤紫蘇がたくさん


逆にお山のわん友さんから分けていただいたギボウシを株分けして、本校のベランダに持って帰ろうと企んでいます。

f:id:chazenyoga:20200629185030j:plain
りっぱなのをいただいた


本校または分校、あるいはオンラインで近くお会いできますように。

排除ではなく共存を

今朝5時半ごろ散歩に出かけたら、向こうから見慣れない犬を連れた人が歩いてきた。手に赤いものが光るなにかを持って、谷のほうへ向けている。「ヤバい人かも」と警戒する。

ちょうどシューさんがうんをなさったので、それを片付けながらいったん敷地内に戻り一拍おいてから、再び道路に出ると、

「おはようございます」

ヤバい人にはあるまじき、めっちゃさわやかなご挨拶だ。

「クマを見ませんでしたか?」

「いいえ。クマが出たのですか?」

「ええ。おそらくもう抜けたと思いますが、気をつけてください」

「はい」と言って歩き出し、振り返って写真を撮った。

f:id:chazenyoga:20200626163032j:plain
どこかで見たことあるような犬......


と、機械がピッピッと鳴り始め、おにいさんは急いで分校の庭を横切り、もじゃもじゃ林の中へ駆けていった。

f:id:chazenyoga:20200626163817j:plain
1分後にはもう姿が見えず


なんだかテレビドラマのできごとのようなシチュエーション。
テレビドラマっていうか、たとえて言うならウルトラ警備隊がやってきて「このへんに怪獣が出ましたのでお嬢さん気をつけてください」的な。
(ええ、ドラマの中ではワタクシお嬢さんですとも)

もしクマが出たのであれば地元のハンター(おじさん)がライフルかついで探すんじゃないか?
ってか、あの人クマのいる方向に駆けて行ったけど、丸腰で大丈夫なのか?
で、あの犬は?

頭の中に?をたくさん灯しつつ、クマが出た場合のことを考えながら歩いた。シューと一緒に山を歩いて17年、それはすでに想定済みである。

クマに遭遇したら、シューを差し出して「この犬を差し上げますから私の命は助けてください」とネゴシエーションするのだ。

f:id:chazenyoga:20200626173408j:plain
そうとは知らず軽快に歩く17歳


帰ってきてから、本当にクマが出たのかと出没情報をチェックしていて気づいた。あれはたぶん星のやにあるピッキオの犬ではないかと。見覚えのある犬。

f:id:chazenyoga:20200626181602j:plain
分校の庭を駆けるあの子は......


果たして、そうであった。

npo.picchio.jp


改めて読んでみると、ピッキオではクマがヒトと距離を保ちながら暮らしていけるよう活動をしていることがわかった。すばらしい活動だ。それなのに私ときたら、かなり疑ってしまった。アヤシイ機械と見えたアレはクマに取り付けた電波の受信器だったのだな。クマが出没したら撃たれると想像した私はかなり遅れている。

排除する前に共存する方法を考える。害をもたらす野生動物だけでなく、人と人、国と国でそうあってほしい。

今日も蚊をパッチンした私だけれど......。