CHAZEN三昧

アシュタンガヨガと禅のある毎日

プリミティブに還る

カラッと晴れるのが冬なのに、このところ空はいつもどんより。世界終末時計もぐっと進んだそうだし、リアルに地球の将来を案じてしまう。

今朝、目が覚めたら頭痛がして風邪の様相。
きのう雨の中を外出して邪気が入ったのかもしれない。マイソールクラスが終わってから断続的に寝続けて復活。あっためることと眠ることで軽い風邪はよくなる。それは身体からのアラートなのだから。

元気なときはたとえ昼寝してもせいぜい30分くらいだ。起きようとしても起き上がれなくて何時間も眠れるのはあきらかに異常だし、きのうやたらと果物やヨーグルトが食べたくなったのもふだんにはないこと。すべて身体から出された指示である。もしそれがデジタルで表示されたら「休息セヨ」とか「水分とビタミンを摂取セヨ」というものね。

CHAZENはよく言えばユニーク、自虐的に言えば風変わりなヨガスクールだけど、この展開で私はいったい何をしようとしているのか立ち止まって考えてみた。ひとことで言えばこうだ。

より原始的なトコロに還って身体の感度を上げ、心身を調えること。

たとえば、「風邪を引いたらしい→薬を飲む」という多くの人がなんの抵抗もなく行っていることを見つめなおし、自分が自分専属の医者になって処置をする。場合によっては、病院に行くべきかもしれないが、それを見極める力をつける。そういう身体とマインドを磨くのがCHAZEN学園の理念である。

なぜって、そういう身体があれば自信がつき心も安定する。こわいものも不安も減少する。

アシュタンガヨガのマイソールスタイルすなわち自主練形式というのは、自分で自分の身体と向き合うのに最適だ。坐禅はそれこそ回向返照の退歩を学すべしのとおり、原始の自分に立ち返る作業である。

さらには、みんなでお米作りを経験したのも、リトリートを始めたのも、より原始に還る経験を通じて身体の感度を高めるという目的のため。

たとえば、お山で火を焚いていると、これこそが現代人に必要な実践ではないかと思えてくる。いかに薪に火をつけるか、いかに危険を避けて温かさを得るか。あれこれ工夫したり、試行錯誤を繰り返すことで、なにかしらの身体感覚が発達していくのだと思う。そしてそれが知恵になる。

もはや原始の暮らしに戻ることなどできないけれど、電子機器に頼らない素の身体と感性、安定した心があれば、毎日は生き生きと躍動し、満足感の高いものになると思うのだ。

自分の手を動かして、自分の頭で考えて、暮らしを作ったら。
大地と、空と、水と、火と、風を感じて生きていけたら。

f:id:chazenyoga:20200124193324j:plain
炎のダンスに魅せられる


今年のテーマは「プリミティブ」ってことで。

その基本となるのが朝のヨガ習慣。これがあると、必然的に生活リズムが自然に近づくので、思考やマインドも調うわけです。夜明けも明るくなりつつある今、朝ヨガ習慣はじめませんか?

www.chazenyoga.com

つながることの喜び

昨日「インド思想とヨガ、そして仏教」の座学クラスを終えたら、夕暮れには疲れて眠くなり今朝はアラーム鳴っても起き上がれないほどだった。どうやら「気」を使い果たしたとみえる。

つい2週間ほど前に思いついてから、今私が最も伝えたいことをどういう形で伝えるか、参加者が知りたいと思っていることは何なのか、どうやったら興味をもって聞いてもらえるか、毎日頭の中はそのことでいっぱいだった。

結果的に参加された方たちがそれぞれに楽しみ、頭の中が整理された様子が見て取れたので、その安堵感でどっと疲れが出たのかもしれない。やり切った満足感かもしれない。ふだんの座学クラスにはこれほどのエネルギーを注がないので、たまにはパワー全開で取り組むのもいいものだ。

経験や知識に関係なくすべての人に楽しんでもらえる内容を考えたら、ちゃんとヨガの未経験者から座学クラスを数年受けている方まで幅広い層の方が参加してくださったのもありがたかった。7年目の今、座学にアンテナが立っている人たちが集まってくれたのも、今後どうやってヨガ哲学や禅のクラスを進めていくかの参考になり、私にとってもたいへん有意義な時間であった。

「インド思想とヨガ」については今まで何度も話してきたが、そこに仏教を入れたのは初めての試み。参考文献を読み漁る中で、自分自身の疑問に対する答えがいくつも見つかったので、もしかしたら私がいちばん収穫を得た人だったかもしれない。

たとえば、数多くの仏教スタイルがある中で、空海真言宗チベット仏教にも心惹かれるものはあるけれど道元禅にハマった理由が、ヨーガ・スートラにつながるものだと判明したこととか。なぜクンダリニーヨーガではなく、アシュターンガヨーガにきたのかとか。なーるほどがたくさんあった。

それから、大乗仏教についてもクリアになったことが多い。
道元禅師は自ら伝える仏教について「大乗でも小乗でもない」と言われていたという話を聞いて以来ずっと、それはいったいどういうことなのだろうと疑問というか好奇心が頭の片隅から離れずにいた。どう考えても大乗でしょ?と思っていたのだけど、お釈迦さまの元の教え(原始仏教)を重視する姿勢が大乗とは一線を画すところなのかなと、道元禅師の気持ちがちょっとわかるような気がしたり。きっとそういうカテゴライズ自体を違うと思われていたのだろう。

あくまでそう感じただけで本当のところはわからないけれど、正法眼蔵を読むための基礎知識として法華経を読んでいたこともあって、なんとなく「大乗でも小乗でもない」のニュアンスがわかったような気がしたのだった。

こうしてナニカ不明だったものの正体が見えてきたり、ナニカとつながってきたときにおもしろさを感じるのではないかな。それはかかえていたモヤモヤがパッと消えて視界が開けるような感覚だと思う。

「わかった!」

というときのソレ。
きのうはそれを電球が灯るイメージで「ピッカーン!」と表現したけど、まさにつながったときに電気が流れて光るという感じ。昨日参加した人が、星覚さんの本を読んでいたら「ピッカーン!」があったと言っていた。

ソレは新しい知識を仕入れたときに来ることもあれば、あるとき突然やってくることもある。

私はよく朝練中にソレが降りてきて、感動しながら練習していたものである。このメカニズムはよくわからないのだけど、おそらく練習しているときは頭が空になるので、その空になったスペースに閃きや啓示、答えが降りてくるのではないかと推測している。ちょうど「ない!ない!」と探し物をしているときは見つからないのに、ふとしたときに出てくるようなものだ。

インド思想を学ぶ意味のひとつは、その「わかった!」を導くヒントが得られることだと思う。
私たちが行っているプラクティスの先にあるものとプラクティスそのものがつながるとモチベーションも上がるように思う。

yogaはつながることだという話も出たけれど、人と人、心と心、いろいろがつながると発揮するパワーは急上昇する。まさにクンダリニーのように。

さて、今度の日曜日は新装版のヨーガ・スートラクラス。どんなクラスになるのか楽しみだ。

f:id:chazenyoga:20200120192515j:plain

スノードロップ

12月にお山に行ったとき、葉っぱもみんな落ちた枯野の中で、春が来たかのように蕾をつけている花を見つけた。不用意に踏んだりしないよう、まわりを囲っておいた。

今月行ったら、真冬だというのに可憐な花を咲かせていた。調べてみたらスノードロップという植物らしい。

f:id:chazenyoga:20200111181913j:plain
かなり私好みの花


よく見ると、ほかの木々もみなこの雪の中、芽吹く準備をしている。何度見ても感動するいのちの神秘。

f:id:chazenyoga:20200111183145j:plain
下の囲みがスノードロップ花壇、中央よりやや下にある木がカリン


少しずつ庭にある植物の正体が判明している。前の所有者はたくさん木を植え、植物を育てていたみたいだけれど、ジャングル化しててどこに何が植えてあったかもわからない。この子たちは誰に世話されるでもなく、誰に見てもらうでもなく、毎年花を咲かせていたのだろう。そのケナゲさと生命力にグッとくる。

そういえば、昨年4月の頭にこの物件を内覧したとき、落ち葉の中からクロッカスが咲いていた。すでに心は決まっていたけれど、この子に後押しされて、そのまま申し込んだのだった。

f:id:chazenyoga:20200111184930j:plain
朝やかな色が際立つ


冬来たりなば、春遠からじ。
いいときも、よくないときも、同じように受け入れて、ただ歩いて行きましょ。

コトバという便利で不便なもの

CHAZENのヨガ哲学や禅のクラスは単なるヨガ人の教養や知識として行っているのではなく、プラクティスを通して私たちが向かうべき方向を間違えないよう、古代から伝わる教えをコトバを介して伝えようとする試みである。

もちろん、その理には知りたいという好奇心を満たす魅力にあふれているので、知識そのものを味わうのも楽しみのひとつではあるが、サンスクリットや漢字の用語を覚えること自体にそれほど大きな意味はない。

受験勉強に一生懸命取り組んできたまじめな人は、穴埋め問題のような固有名詞を知ることが勉強だと思うかもしれないが、そんなものは時としてむしろ邪魔になるだけのもの。禅の世界では不立文字と言って、教学よりは坐禅や作務を重視してきたのだ。

ヨガもまた実践であってコトバはさほど重要ではない。
しかし、人類にコトバが発達したのも、それが伝達の方法として優れているからであり、時にはコトバを使ったほうがより正確に伝わる。時と場合、あるいは人によって伝達手段は使い分けることができる。

私がコトバを使ってヨガを伝えようとするのは、アーサナをやってきた先にもアーサナしかないのではヨガの本丸にはたどり着けないと感じるからである。

本来、アーサナを練習しているうちにカラダでわかってくるはずの大切なことも、何十年にわたって染み付いたシャバの思考回路が邪魔をして、別のことに置き換えられてしまうのだと思う。あるいはもし直感でそれに気づけるならヨガは不要かもしれない。

それで、コトバを使って古代インドの人たちが何をどう考えたのかについて知ってもらおうと取り組んできたのだけれど、そのコトバがまた多くの人を混乱させる原因ともなる。

先日、茶禅会で「原始仏典」と言ったら「原典」をイメージされたようで話が噛み合わないことがあった。文字にしたらわかりやすいことも、耳で聞くととらえにくいのだろう。質問してくれたので判明したからよかったが、きっと表に出ない誤解も多いと思われる。

私の中では日常的であっても、聞いている人にイメージできないコトバがたくさんある。特に座学クラスの一年生はそれらのコトバによって、まるで異国で知らない言語が話されているような感覚に陥っているらしいこともわかった。

そういったこともあって、ここ最近あーでもないこーでもないと考えた結果、今度の日曜日にある「インド思想とヨガ、そして仏教」の講座は、一方的なレクチャー形式をやめて、参加型のワークショップ形式で行うことにした。

座って学ぶのは苦手な人も、講義を聞いていると眠くなってしまう人も、楽しみながら「なるほど〜」と納得するようなものにすべく、ただいま準備中です。初めての方も、以前受講して挫折した方も、ぜひチャレンジしてみてください。

www.chazenyoga.com


ということについてコトバを駆使しても、これまた伝わりにくいのだろう。
コトバを使わなくても、あるいはほんの少しのコトバでも伝わる人には電光石火で伝わるが、伝わる人だけに伝わればいいとは思っていないので、この私にできるだけの努力をしてみたい。

ということだけでも伝えたいので、このような拙文をしたためております。
とまわりくどいことを書くからまたわかりにくくなる......。


そこへいくと、リトリートではコトバは「余計なもの」に成り下がる。

f:id:chazenyoga:20200111102601j:plain
自然という偉大な師がすべてを語るから

歌って踊って新年会

マイソールクラスのあとで新年会。
ただ飲んだり食べたりするのもなんだかなので、踊りを披露してもらうように段取ったら成り行きで全員フル出演の「一人一芸」ということになった。

これは初の試みだ。

いや、その前にマダムママ手作りのごちそうよ。

f:id:chazenyoga:20200112184920j:plain
ちなみにプロではありません


まずはひたすら、このごちそうをいただく。

ニンジンやダイコンが花びら型に抜かれていたり、細部に至るまで手を抜いてない。何から何まで手の込んだ「作品」。ヨボヨボでもおかしくない御年であられるのに、すべてひとりでささーっと作ってしまうらしい。

f:id:chazenyoga:20200112185110j:plain
ものすごいパワーを感じる


お腹いっぱいになったところで、演芸会スタート。

本日の目玉は、バブリーシスターズ(たぶん当時ホンモノ)によるバブリーダンス!

f:id:chazenyoga:20200112191525j:plain
決まってるよー


大袈裟な肩パッドがアメフト選手のようで超ウケた。


踊りは続く。
沖縄民謡を歌う人と即興のおとぼけバックダンサーズ(笑)

f:id:chazenyoga:20200112191551j:plain
きれいな歌声と脱力系ダンス


その他、ちゃみさんのモノマネとか。マル秘アーサナ攻略法とか。なかなかヤルな。
シュー部長も芸を披露したぞ。


そしてトリは、ちびっ子とママたちの「パプリカ」ダンス。
私をはじめ、テレビ見てない人たちは流行ってるのも知らなかったけど。

んもー超絶かわいかった。

f:id:chazenyoga:20200112193302j:plain
大熱演してくれたよ


メンバーでもないのに乱入していく部長。

f:id:chazenyoga:20200112193812j:plain
まだ好奇心もいくらかは残っているらしい


新しい試み、楽しかったー。慣れてないので進行に改善の余地があるけど、またいつかやりたいね。きっと参加者の芸もパワーアップしてるはず。

そしてこういうの見て、今年はいろんな部活の機会を作ってみようと思ったのでした。

作務という愉しみ

今回のミッションはただひとつ、薪棚マターだ。

薪を並べて乾燥させるための、屋根があって通気のよい棚を用意する必要がある。薪棚くらいちょっと器用な人ならDIYでちゃちゃっと作れてしまうのだろうけど、今の私にはハードルが高杉晋作。昭和時代の女子はカナヅチやノコギリの使い方を知る「技術科」を習っていない。で、グーグル先生に聞いてみたり、ご近所さんの薪棚を観察して研究した結果、安上がりの簡易式から始めることにした。

まずは今積んである木を移動させる。

f:id:chazenyoga:20191215180611j:plain
きれいに積んでいただいたのだけれど


下にある結構な太さのクリの木は、移動させるのもたいへんなので、ついでに割ってしまおうか。しかし、こんなぶっといの、果たして割れるのだろうかと思って試してみたら、意外とかんたんに割れた。


ほんならこれはどうだ?

f:id:chazenyoga:20200111100020j:plain
でででーん


2回ほど斧を振り下ろしてみたがびくともしない。
この凸凹は切り倒すときに入れた切り口の跡、つまりいちばん根元に近いところだろう。割るよりも、逆さにして柔らかい土の上に安定させ、薪割り台として使うことにした。

だんだんわかってきたのは、割りにくさは太さよりも節や筋形状、硬さらしい。上の写真の右奥にある半分に割れたものは色白で筋がまっすぐ。すなおな女子のようにたやすく割れたのだけれど、一筋縄ではいかないのも。

f:id:chazenyoga:20200111101409j:plain
へそ曲がりの頑固オヤジ系


最初に狙った刃の跡がいくつかついている。そうやって試してみるうちに、これは中心を避けて狙いを定めれば割りやすいということがわかってくる。そこにおもしろさが生まれる。薪割りまでするつもりはなかったけど、ついつい割ってしまう。

調子に乗ってやりすぎないように、暗杉くんのテーブルでお茶しましょ。

f:id:chazenyoga:20200111102452j:plain
チップとデールティータイムみたい♡


ブロックの上にウッドデッキの一部だった板を渡して、とりあえずの仮置き場を作り、割った薪の上だけ波型板を屋根にして縛っておいた。

f:id:chazenyoga:20200111112733j:plain
いかにもテキトーなやっつけ仕事


こうしてカラダを動かしていると、人間再生のためには作務だなあと実感する。スイッチひとつでなんでもできる生活は労働の愉しみを奪い、人間を衰退させていくだけのように思えてくる。

先端医療で病気を治し、ただ長生きすればいい時代が終わっていることは、多くの人が感じていると思う。ピンピンコロリとか言うように、できるだけ健康なココロとカラダで生涯をまっとうするためには毎日をどう生きるべきか。

春が待ち遠しい。

冬のリトリートハウス

年が明けてから初めてお山に行ってきました。
1月の寒さで家の中が凍りついていることも想定していたのですが、着いた日は春の嵐的な低気圧の日でびっくりするほど暖かかったのでした。

もひとつびっくりしたのは、いつ行っても人があふれているスーパーつるやがガラッガラだったこと。ここが空いているのは見たことがありません。電車も空いていましたが、つるやの空き加減は、冬になって人々が軽井沢から離れたことを実感させるものがありました。

その後、ホームセンターに行き、薪棚代わりにするブロックを買いました。ところが4つ目をカートに移そうとしたら、凍っているらしくびくとも動かない。3つだけはこの陽気で溶けたのでしょう。なんとか買えてよかった。

さて、いくら暖かい日でも人が住んでいない家です。ドアを開けるとひんやり。外気が8℃で室温が4℃。窓を開けたら室温が上がっていきました。すぐにストーブに着火したいところですが、その前に水を出さないと。冬季は水道が凍ってしまうので、前回帰る前に水抜きをしてあります。水道の元栓を止めて、家中の蛇口という蛇口を開けて管の中の水を抜き、排水溝やトイレには不凍液を入れておく。なので、まずは水道が使えるように外してあった管をつなげたり、蛇口をしめてから、元栓を開けるという作業をします。

部長にはその間車の中で待機していただき、ストーブがついてひと段落してから迎えに行きました。ちょっとぬるめの湯たんぽを用意して。

f:id:chazenyoga:20200110202759j:plain
ちゃんと脚を乗せてる


その日は一晩中強風が吹き荒れてましたが、翌日も暖かく、またお天気もよく、太陽礼拝がすこぶる気持ちよい日です。これなら部長殿のお体にさわることもないだろうと、浅間山見物のお散歩へ。

f:id:chazenyoga:20200110202824j:plain
半分雪を頂いた美しいお姿


暖かくて雪が溶けた上に落ち葉も乾燥してきたので、前回の捨てきれなかった落ち葉の山を片付け、薪まわりのあれこれなどしてフル稼働。今回できる作業はかなり限られたものになると思っていたので、うれしい誤算です。夕方温泉で肉体労働の疲れを癒し、お山でだけ読んでいる小説を読み、ぬくぬくと眠りました。


そして今朝。
カーテンを開けたら暗闇でよくわからないけれど、庭が白いような......。坐禅をしているうちに夜が明けると、曇り空なのに外が明るい。2日目は雪明かりの中での太陽礼拝です。毎日すてきな設定をご用意いただき、ありがとうございます。

f:id:chazenyoga:20200110202844j:plain
2階のゲストルームから見たアプローチ


屋外作業を片付けて、あれしてこれして最後の掃除して......と動き回っていると、なんかカワイイものが見えました。

f:id:chazenyoga:20200110202935j:plain
縁側のおじいちゃん的な


掃除で敷物を片付けてしまったので、ベランダから出入りするときの玄関マット代わりに置いたマットの上で日向ぼっこしてる犬......。

木を伐採したせいもあると思いますが、この家、冬はとても日当たりがいい。そして夏は太陽の軌道と葉蔭のためにほとんど直射日光が当たらないベストな向きに建っていたのです。手を入れてあげれば、この家も本来のよさを発揮してくれるかも。


それにしても日向ぼっこは平和の象徴ですね。

f:id:chazenyoga:20200110203215j:plain
さあ、おじいちゃん帰りましょ


ところで、ご案内が遅れましたが、4月以降のリトリートのリクエストを受け付けております。
もう少し詳しいページを作る予定ではいますが、とりあえずざっくりしたものをアップしましたのでぜひリクエストしてください。

www.chazenyoga.com