CHAZEN三昧

アシュタンガヨガと禅のある毎日

山の分校

のびろ のびろ だいすきな木

ごきげんよう。 いよいよこれが最終回。59日目の山籠もり日記です。お山生活ともお別れか思うと、鳥たちの声も木々の緑も、なおさらに、ことさらに、愛おしくてなりません。みんなみんな分校のCHAZEN生なのです。先日アン・サリーの曲を聴いていて、突然ハッ…

無人島に持っていく一冊

ごきげんよう。 自分の体ほどの虫を運んでいるアリを見ると、お手伝いしましょうかと声をかけたくなる。57日目の山籠もり日記です。オンライン茶禅会でした。茶禅会としては新鮮な顔ぶれでありながら、オンラインとしては前回からの続きとなっていて、オンラ…

吉兆あらわる

ごきげんよう。 トルティーヤ鳥がにぎやかにさえずるアミーゴな朝。56日目の山籠もり日記です。シューさんの早起きがエスカレートして、今朝は2時半に振鈴ならぬシュー鈴です。禅の旅で行く天龍寺さながらの早起きです。師匠の言うことには逆らえませんので…

砂マンダラのように

ごきげんよう。 鳥の声が「トルティーヤ♪」と響く朝。54日目の山籠もり日記です。ぐずつくお天気で再びストーブを焚く毎日です。今日は特に寒い。湯たんぽをくるんでいた毛布にしゅーたろさんを入れてやったら、気持ちよさそうに寝ています。ほんとは自分が…

CHAZEN断ちでもたらされるもの

ごきげんよう。 ガテンな仕事は雨が休業日。52日目の山籠もり日記です。植物たちは雨でうなだれていますが、同時にエネルギーを蓄えてまたひとつ成長していきます。オオデマリの花が白くなってきた 今日の雨は明日のパワー。目に見える事象に惑わされずに、…

ギーターでつながる

ごきげんよう。もはや都会で暮らせる気がしない。50日目の山籠もり日記です。雨上がりの朝。色の組み合わせにハッとさせられる 靄がかかった森の美しさよ。東(裏)側の小山 ようやく晴れ間が出てきたころ、オンラインでの「みんなのバガヴァッド・ギーター…

ザ・グリーン・シャーラー

ごきげんよう。食糧の切れ目が山籠もりの切れ目。48日目の山籠もり日記です。畳の上で練習するのが定番になりました。 パールシュヴァコナーサナで手のほうを見ると、その先には偉大なるスーリヤ様の輝きと緑が目に入ります。シャヴァーサナの眺め 見渡す限…

日曜のオンラインクラスはじめます

ごきげんよう。やっぱり火が恋しくてストーブを焚いた朝。46日目の山籠もり日記です。先日東京に行ったとき、CHAZEN近くのコインパーキングに車を停めたのですが、料金が15分200円なので精算におびえていたら、最大料金は2,800円と書いてありほっとしました…

オンラインでサンガ

ごきげんよう。3日ぶりに睡眠がとれたあとのけだるい朝。44日目の山籠もり日記です。竜宮城から一瞬本校に戻り、再びカメならぬイヌとともに竜宮城に戻ってまいりました。東京は蒸し暑かったね 人のいないシャバ世界を見てびっくりしたり、オンラインでCHAZE…

スローライフ

ごきげんよう。自粛要請の延長につき、41日目となった山籠もり日記です。連休中にすごいことを発見しました。 制限があるのは「高速データ通信量」であって、設定で高速をオフにして低速にすれば通信量はカウントされないのです。低速でも動画以外は普通にサ…

部長的亀のポーズ

ごきげんよう。コロナより自粛監視の目がこわい。39日目の山籠もり日記です。2時前に地震。東京では携帯のアラートが鳴ったようですが、こちらは弱い地震でした。ゆれは小さいのですが、地面に近いせいか身体に響く感じがします。それを機に起きたら、部長も…

分校の動物と植物

ごきげんよう。シューさんのうんチョスを庭木の根元に埋めている。37日目の山籠もり日記です。今朝は夏の坐禅ルームで坐りました。 こちらに来てから私が早く目覚めすぎるのが部長にも伝染して、めちゃ早起きです。フードをもらうまでずっと徘徊しているので…

すっきりした庭とターメリックチャイ

ごきげんよう。カメムシは刺激しないで外に逃せば臭くない。36日目の山籠もり日記です。きのうの朝、火を入れていないストーブの前で坐ろうとして、はて、寒くないときはどこで坐っていたっけ? と一瞬考えてしまいました。結局ストーブの前で坐って、ついで…

ヘーミッシュ先生のブログ

ごきげんよう。日記と称しているこの投稿が「手紙」形式であることに今さら気づいた。35日目の山籠もり日記です。ゴールデンウィーク満喫中につき、じっとパソコンの前にいたらやや冷えてきたので、チップとデールのカフェでお茶。固まっているお客さんが...…

お庭でドッグラン

ごきげんよう。買い出しの日はつい食べすぎてしまう。34日目の山籠もり日記です。昨年はまずまず普通に、東京にいるときよりはよく歩いたシューさんですが、さすがに今年は歩きたがらないことが多い。起き抜けは特に脚が痛いのか力が入らないのか、よく転ん…

お山の春爛漫

ごきげんよう。諭吉さんに続いて、買ったことを忘れていた「おやき」を発見して小躍り。33日目の山籠もり日記です。春爛漫です。桜があると富士山に見えるお山と桜はあまり結びつかなかったのですが、日本人はやはり桜なんですね。シューさん、ちっさーよく…

与作仕事の終わり

ごきげんよう。通帳の間に存在を忘れていた現金が入っていて、諭吉さんが仏さまに見えました。ナンマイダー。3枚だー。32日目の山籠もり日記です。これが最後と思われる氷点下の朝。近くに行って撮ればよかった外の温度計がなくても、シャクナゲが葉っぱをぎ…

ゆだねる

ごきげんよう。 人生初のゴールデンウィーク長期休暇となった30日目の山籠もり日記です。大雪の日に来てからひと月。ついに、ストーブの前から離れてマットを敷いた朝でした。しかし、寒さと練習不足、肉体疲労とアウターマッスルの使いすぎで、カラダが硬く…

カエルくんとシュー大先生

ごきげんよう。 シューちゃんペースで歩いたら散歩が1時間で終わらない。28日目の山籠もり日記です。拾ってきた木をノコギリで切っているところをセシルちゃんのお父さんに目撃され、わけを話したら笑ってました。ノコギリで切るのは忍耐が必要です。でも、…

あやうく完全ロックダウンに

ごきげんよう。 抽選で2名様にアベノマスク差し上げます。27日目の山籠もり日記です。きのうの朝、坐禅をする前にiPhoneを充電しておこうと思ったら、ケーブルがダメになっていました。さもありなん。100均で買った「いかにも」の商品でしたから。おとといま…

來りては去ってゆく

ごきげんよう。 カラマツの枝を燃やすといい匂い。ストーブの取説には針葉樹を燃やすなと書いてあるけど。25日目の山籠もり日記です。夢を見て夜中に目を覚ましました。どこか異国の地で、パレードを見ています。友だちのルイーズ(イメージ)がシューを連れ…

CHAZENは習慣の学校

ごきげんよう。 小鳥の囀りが「ちゃみこはバッカよ♪」と聞こえる。24日目の山籠もり日記です。今朝、与作が木を切っている傍らで塗装1回目が始まり、午後、藤蔓の根っこと格闘している傍らで塗装2回目が終わり、あっけなくウッドデッキが完成しました。見た…

ニセモノからホンモノへ

ごきげんよう。 賞味期限切れの牛乳を飲み続けて1週間。きょうも元気な23日目の山籠もり日記です。きのう書き初めてすぐに寝てしまいました。 お風呂のあと、布団をこたつ代わりにベッドに入って書いてたらコテンと。ぬくぬくはヤバイですね。というのも、夕…

呼吸でつながる

ごきげんよう。 ミルクはあるけど、冷蔵庫はすっからかん。21日目の山籠もり日記です。神楽坂からマスク姿のコボちゃんが届きました。なつかしい...... 軽井沢からはマスクなしのシューちゃんをお届けします。布団の中アンド私の腹の上 薪がなくなったら東京…

掘り出し物

ごきげんよう。CHAZEN生から届くテレマイソールレポートが唯一の楽しみ。20日目の山籠もり日記です。まずはきのうアップするのを忘れたアップ写真。ちょい情けない顔 昨年発掘されたレンガのモチーフは駐車スペースのアプローチに敷いておいたところ、冬の間…

サマスティティを見直すとき

ごきげんよう。 一日じゅう雨と雪が交互に降っていた昨日。一夜明けたら雪がうっすら積もっていました。カーテンを開けたときは半月が出ていましたが、日が昇ってきて、もじゃもじゃ林の向こうにある雪化粧した名もない山々を照らします。初めてそこに山があ…

天のはからいのままに

ごきげんよう。 ワードローブは今着ているのと物干しにかかっているのの2通り。それで足りることを実感した15日目の山籠もり日記です。今日明日は薪割りムーンデイです。 やりすぎて骨折したところが痛くなったのでした。身体も疲れ切っているし、雪の予報も…

憧れの軽トラで

ごきげんよう。 「おまえの話はつまらん!」 大滝秀治の声が聞こえたような......13日目の山籠もり日記です。最短でも5月連休明けまでの自粛が決まり、山籠もりの延長も確定しました。そこできょうはシャバに下りて買い出しをしてきたのです。食料はまだ足り…

自動でスイッチオン

ごきげんよう。 間食はせずとも食事の量は男子高校生並みの与作です。ヘイヘイホー。今使う薪は確保できたので来年用の薪割りをしていますが、太くてフシがあったり、うねっている薪に苦戦しております。割りやすいものは2〜3回斧を振り下ろせばいっちょ上が…

薬漬けがあやしい

ごきげんよう。 今朝、薪割りをしていたらふと「与作」という文字が頭に浮上してきました。 ヘイヘイホー。昨日はたいへん失礼しました。 ふだんならボツにして寝てしまうところですが、きっとシューちゃんの写真を楽しみにしている人がいるのではないかと思…